学童の家わんぱく 学童の家わんぱく

関係者から

皆様こんにちは。
昨今働き方の多様化が進む中、保護者の就労等で小学生になる子どもの放課後が不安。保育園なら仕事が終わるまで預けられるのにどうしよう。更に小学校には夏休み等の長期休みがあり、今後の働き方を変えなくてはならないのかという悩み、いわゆる『小1の壁』問題があります。そのような様々な不安から学童の家わんぱくは約35年前に誕生しました。
子どもたちは学校が終わると『ただいま』とわんぱくに帰ってきます。そして支援員は「おかえり」と子どもたちを迎えます。子どもたちにとってここは“第2のおうち”なのです。
小学生時代は大人が思っている以上に多感な時期です。例えば、学校での色々な感情を持ち帰ってくる時もあります。そんな時は側に寄り添い、今の子どもの気持ちに共感し、保護者と一緒に今の子どもたちの気持ちを共有していきます。学校での姿、学童保育での姿、ご家庭での姿。それぞれ大人に見せる姿は異なります。それでもその子自身ということには変わりありません。この多感な時期、沢山たくさんお子さまについて共有していきましょう。
第2のお家、学童の家わんぱく。子どもだけでなく、保護者の皆様にとっても“第2のお家”と思って頂きたい。一緒に子育てしましょう。
そして何よりも『子どもたちの為に』大人が出来ることは何かをご家族と一緒に考えていきたいと思っております。「安心して今まで通り仕事を続けられるかも。」そんな学童クラブです。

事業所長 押原 穣二



「我が子と一生で一緒に過ごせる時間は」
母親で7年6カ月、父親で3年4カ月
小学校卒業時にはその55%が経過すると言われています。

保護者が関われない時間をわんぱくでは
疑似兄弟、姉妹、支援員と共に過ごします。

時には事件や揉め事もありますが、その1つ1つが、子供達を大きく成長させてくれます。

支援員の中には、わんぱくのOG、OBが数多く在籍しています。
これが、我がわんぱくの誇りです。

いつでも帰って来たくなる場所、それが
学童の家 わんぱくです。

令和5年度 学童の家 わんぱく 保護者会会長 野崎浩一



新着情報(Twitter)

X(旧Twitter)で最新情報を表示

開所日・時間


開所日: 月曜日〜土曜日(祝日は除く)
閉所日: 日曜日、祝日 年末年始

開所時間: 平日:下校時〜午後6時
休校日*1:午前8時30分〜午後6時
延長保育*2:午後6時〜午後7時

※1 休校日とは、土曜日、春・夏・冬休み、横浜開港記念日、運動会代休など、祝日以外に小学校が休校の日のことを差します。
※2 延長保育は月額・臨時どちらでも利用できます。利用する場合は必ず保護者が学童までお迎えに来て下さい。19時までに迎えにいけないことが度重なる場合は、延長保育を解除させていただくこともあります。
※3 長期休みの場合、早朝保育(8:00〜8:30)を行う場合あり(各長期休み時に保護者会で決定)。別途料金徴収。

一日の流れ

写真



旭区学童の家 わんぱく 設備01

アクセス